妊婦便秘

妊娠中に便秘は付き物です

top01
妊娠中に初めて便秘になった。

便秘のせいで腹痛がひどい。

便秘で便も硬くなりすぎて、出すのもツライ。

便秘のせいで、体全体が具合悪い。

そんな思いを経験したことはありませんか?
もしくは、 今まさにツライんです!!

今まで便秘とは無縁だったのに・・・という人が、妊娠をきっかけに、便秘に悩まされるというお話をよく聞きます。
便秘の解消には、生活改善が一番です。
具体的に何をしたらいいのか?
少しでも対策方法を知り、試してみましょう。
このサイトでは妊婦さんに、妊娠中の便秘体験を募集しています。
妊婦さんの便秘対策と解消方法を、体験談から まとめています。

妊娠中はなぜ便秘に?!5つの理由。

女性は男性に比べて腹筋の力が弱いのと骨盤の形の問題で腸の動きが少ないため
妊娠する以前から便秘がちだった人も多いはず。

便秘になる大きな要因として大きく5つあります。

①妊娠中のホルモンバランス変化

妊娠するとホルモンのバランスが変化します。

その1つが「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の増加です。

プロゲステロンは妊娠状態を維持する作用があるのですが、体が栄養を蓄えようとするためにこのホルモンには腸の働きを抑制する作用があります。

子宮収縮はもちろん、胃、消化器管なども鈍くするため、妊娠初期頃は便秘になりやすくなります。

胎盤が完成する妊娠16週頃(4ヵ月~5ヵ月)になると、卵巣から分泌されていたプロゲステロンが胎盤から分泌されるようになり、妊娠状態をさらに持続させます。

②妊娠中に起きる食事と味覚の変化

妊娠初期は食欲がわかなくなり、
好きな食べたいものを食べるということが続き、
その結果、食物繊維水分不足するため、
便が硬くなり、便秘になってしまいます。
妊婦さんが食べたくなるものとして、よく聞くのがポテトフライ!
鳥のから揚げ・炭酸飲料・ファーストフード系が無性に食べたくなると言う方も多いです。

ポテトフライ画像
1位フライドポテト ← 大人気(‘Д’)
2位炭酸飲料
3位アイスクリーム
4位トマト
5位チョコレート
6位ポテトチップス
7位うどん、麺類
8位グレープフルーツ
9位ノンカフェインコーヒー
10位ヨーグルト
11位アメ
12位グミ
13位パイナップル
14位ケンタッキーフライドチキン
15位ガム

トマトも妊婦さんに人気があります。
妊娠してから急にトマトが食べたくなったり、好きになった方も多いと思います。

トマトの食物繊維は
トマト150グラム に含有量 約1g
そば(干)100グラム 含有量 約3.7g
切り干し大根 5グラム 含有量 約20.7g

切り干し大根凄すぎ! ではなくて
妊婦さんに、人気のある食べ物の中で食物繊維が多く含まれているものは
あまりないですね。
これも便秘の原因になります。

③妊娠中でも運動不足は便秘の原因になります

妊娠中の便秘解消と運動不足

運動不足は妊娠中に限らず、便秘になる要素の1つです。

妊娠するまで運動をしていた人が妊娠をきっかけに運動量が減った時は、
運動不足から便秘になることがあります。

運動することで機能が活発化し排便をスムーズにしてくれます。

特に腹筋は腸を動かす時に必要な筋肉です。腹筋が衰えると、腸を動かす力が弱くなってしまいます。

しかし、妊娠中の生活は運動不足になりがりです
だからといって長時間の運動や、激しい運動は身体に負担がかかるので避けなければいけません。

④過度なストレス

妊娠初期は、体調や生活の変化で疲れやすく、ストレスも感じやすくなります。
身体的・精神的に過度なストレスがかかると、体の各機能を調整している自律神経が乱れ、腸の動きにも悪影響を与えてしまい、便秘になりやすくなってしまいます。

その他にも、強い精神的なストレスによって血管が収縮し、胎盤の血流に影響があることがわかっています。

ストレスの原因
身体の変化のとまどい
出産の不安
妊娠中の女性特有のストレス要因
など 原因もたくさんあります。

⑤赤ちゃんが大きくなると、腸を圧迫し、便通が悪くなります。

妊娠後期は胎児が大きくなり、腸を圧迫します。

腸のみならず肛門も圧迫されるため、便秘のみならず痔にも、なりやすくなります。

赤ちゃんは、妊娠後期で一気に成長します。
妊娠初期と違い、体を伸ばさなくてもお腹がパンパンになるほどの大きさです。
腸の圧迫による便秘は、出産間近になると軽快しやすくなります。

便秘解消と食事で気をつけること

妊娠中の便秘薬は医師に相談しましょう

妊婦さんんが、量を控えたい食べ物

・コーヒー、紅茶、日本茶

そもそもなぜカフェインを摂取してはいけないのかと言うと
まず第一に、流産や早産、発育障害、低出生体重児の原因になると考えられています。

なぜそのような事になってしまうのでしょう。

カフェインの影響

●お母さんの影響

妊婦の身体はカルシウムが不可欠なのに対して、カフェインはカルシウムを尿から排出する量を増やしてしまいます。
そればかりか、鉄分の吸収も妨げてしまうとの事。

●胎児への影響

カフェインは胎盤を通過し、母体とほぼ同じ濃度のカフェインが胎児に移行しまいます。
体も小さくまだ肝臓も未発達な赤ちゃんはカフェインを排出するのに時間がかかってしまい、長く体内にとどまる事になります。
カフェインには、アドレナリンが抽出され、血管を収縮する働きがあり、胎盤への血流が減少してしまいます。
結果、胎児への酸素、栄養が十分に送られなくなり発育障害にも繋がってしまうという事が考えられられています。

●1日に一杯程度だったらのんでもいい?

「飲み過ぎはだめだけど、1日に200mlまでだったらさほど影響はないからのんでもいいですよ。」
と以前はいわれてきましたが、、、

イギリスの研究結果で残念な報告がされしまいました。
1日に一杯のコーヒーのカフェインが、胎児の細胞中のDNAを変形させ、白血病のリスクを20%上昇させる。

というのです。
つまり、1日1杯もダメ。
という訳です。
更に1日2杯で60%、4杯で72%白血病のリスクが上昇するというのです。

こんな結果を知ってしまったら飲むのが怖くなってしまいますね。
妊婦さん用に作られたカフェインレスの商品でコーヒー・抹茶などもあるので
そちらを飲んで妊娠中は乗り越えるのが良いかと思います。

・近海の魚

こちらも 絶対ダメではありません
水銀濃度が高いもの。
キンメダイ
メカジキ
クロマグロ
などの水銀濃度が高いものは一週間に約80gまでがいいんじゃないかと言われています。

魚は妊娠中の栄養素でも大事なことがわかっています。
水銀濃度の高い魚を食べすぎないでということですね。
厚生労働省の文章を下記に記載しましたので気になったかたはよんでください。

妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項

こちらは あまり気にしない方もいらっしゃいます。

刺身と貝系の生食は、食中毒の恐れがあるので新鮮なものにした方がいいですね。

・スナック菓子、炭酸飲料、甘いもの

心配なのは塩分と糖分をとりすぎないこと
塩分の過剰摂取は、高血圧や腎臓機能の低下につながります。
妊娠高血圧症候群の予防のためにも妊娠中は減塩に気を配りましょう。

加工食品や、外食、スナック菓子などは日本人の舌にあうように塩分が高くなっていますので、控えましょう。

妊婦さんの、塩分摂取量の目安は1日7グラムです。

市販薬

妊娠中は自己判断で薬を飲まないこと。
妊娠中に病院で処方された薬は指示通りきちんと飲みましょう。

妊娠前に飲んでいた、便秘薬などありましたら
飲む前に医師の方に相談しましょう。

妊娠前に飲んでいた薬の影響は胎児に影響する可能性は低いので心配しないで良いみたいです。

栄養ドリンク類はカフェインが強いです

ドリンク剤の種類にもよりますが
アルコールカフェインが入っているものが多く
胎児への影響を考えて飲まないようにしましょう。
カフェインの量などは、かなり高めに入っている
栄養ドリンクがたくさんあります。

妊娠中の便秘解消には食事の改善が一番の近道

妊娠中便秘解消方法

身体に負担がかからないものや

食事改善から

いろいろ試してみましょう

妊娠中の便秘予防に食物繊維をとる

妊娠中は水分が不足しがちなので、意識して水分を摂りましょう。

朝起きたら常温または白湯をコップ一杯飲むようにする

食事では、食物繊維をたっぷりとること。
食物繊維には、水に溶けるものと溶けないものがあり、溶けるものはこんにゃくやしらたきなど
溶けないものは、葉もの野菜・根菜類・きのこ類・海藻類などに多く含まれます。
便秘の解消には、食物繊維をとって腸内で便のかさをふやすとともに、便をやわらかくする水分をしっかりとることが大切。

腸の動きを健康に整えるために、乳酸菌やオリゴ糖が有効といわれています。
腸にいる善玉菌と悪玉菌の悪玉菌が増えると便秘や下痢を起こしやすくなります。

善玉菌を増やす成分としては、ゴボウや玉ねぎなどに含まれるオリゴ糖

善玉菌そのもであるビフィズス菌が
便秘解消に効果があります。

妊婦さんに、便秘解消の対策として人気があったのは
ヨーグルト
ヤクルト ミルミル
が便秘の解消になったという方が多かったです。

妊婦さんでもできる適度な運動

妊娠中も、切迫早産などで安静を指示されているのでなければ、できるだけ生活の中で、ゆるやかで構わないので
動く習慣をつけましょう。

ウォーキングなど出来る範囲で体を動かすようにしましょう。
ウォーキングは無理なく行える有酸素運動で、妊娠中には最適です。

座ってゲームや読書ばかりしている生活を続けると、血行が悪くなり、さまざまな不快症状が起こり、ますますだるくなっていきます。

どうしたってかかる「ストレス」

現時的に、ストレスのない生活を送ることなど、まず不可能なことでしょう。
できるだけ家の中で、できる趣味を見つけるのはどうでしょうか?
資格の勉強などしてみる
軽いヨガなどしてみる
見たかった映画を見るなど
気分転換しながら、妊婦生活を楽しみましょう♪

妊婦さんの便秘対策から、最善の方法をまとめました。
便秘解消方法

過去に便秘になった妊婦さんの体験談もありますので、参考にしてみてください。
妊婦さん達の便秘解消方法

妊娠中の便秘解消に役立つ妊婦さん専用の商品一覧
妊娠中の便秘解消に役立つ妊婦さん専用の商品一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加