妊娠中の魚 食べていいのか?厚生労働省

<魚介類の水銀>

魚介類は自然界の食物連鎖を通じて、特定の地域等にかかわりなく、微量の水銀を含 有していますが、その含有量は一般に低いので健康に害を及ぼすものではありません。
しかしながら、一部の魚介類については、食物連鎖を通じて、他の魚介類と比較して水銀濃度が高いものも見受けられます。

<妊婦の方々へ>

近年、魚介類を通じた水銀摂取が胎児に影響を与える可能性を懸念する報告がなされています。
この胎児への影響は、例えば音を聞いた場合の反応が 1/1,000 秒以下のレベ ルで遅れるようになるようなもので、あるとしても将来の社会生活に支障があるような重篤なものではありません。
妊娠している方又は妊娠している可能性のある方(以下「妊 婦」という。)は、次の事項に注意しつつ、魚介類を摂食するよう心がけてください。
わが国における食品を通じた平均の水銀摂取量は、食品安全委員会が公表した妊婦を対象とした耐容量の6割程度であって、一般に胎児への影響が懸念されるような状況ではありません。
魚介類は健やかな妊娠と出産に重要である栄養等のバランスのよい食事に欠かせないものです。本注意事項は、妊婦の方々に水銀濃度が高い魚介類を食べないように要請するものではありません。
また、本注意事項は胎児の保護を第一に、食品安全委員会の評 価を踏まえ、魚介類の調査結果等からの試算を基に作成しました。
水銀濃度が高い魚介 類を偏って多量に食べることは避けて、水銀摂取量を減らすことで魚食のメリットを活 かすこととの両立を期待します。

<正確な理解のお願い>

魚介類は一般に人の健康に有益であり、本日の妊婦への注意事項が魚介類の摂食の減 少やいわゆる風評被害につながらないように正確に理解されることを期待します。   なお、今後とも科学技術の進歩にあわせて、本注意事項を見直すこととしています。

厚生労働省の文集の半分ほどになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です